1. ホーム>
  2. 入学・学費案内>
  3. 入学制度>
  4. 4年次編入学の特徴

ここからページの内容です

4年次編入学の特徴

こんなことで悩んでいませんか

  • 仕事で福祉に関する知識不足を感じる…。
  • 3年制専門学校卒業の学歴を活かせないかな?
  • 働きながら一番効率良く、社会福祉士を取得するにはどこがいいのか…。
  • 仕事を休むのは難しそう…社会福祉士の実習免除にならないかな…

Check1

今後の日本で役立つ
福祉の力・視点を身に着ける福祉系科目が充実

日本初の4年制福祉系学部を開設した日本福祉大学。福祉教育のパイオニアとして、福祉業界で活きる、実践的な学びはもちろんのこと、個人の教養として社会保障制度を学ぶことや一般ビジネスに生きる福祉の知見を身に着ける科目など、幅広いカリキュラムを用意しています。

今後の日本に役立つ福祉の力・視点を身に着ける福祉系科目が充実

そんな日本福祉大学通信教育部では、毎年1,000名前後の方が
様々な目的を持って4年次編入学されています。

多くの方に選ばれている6つのPoint

Point1
4年次編入学制度で、
最短1年で大学卒業資格取得が可能!

日本福祉大学通信教育部では、皆さんのキャリアに合わせた入学制度で4年次編入学も設けています。大学卒業資格(学士)のみを目指される場合は最短1年で卒業が可能です。
※社会福祉士や精神保健福祉士の国家試験受験資格を目指される方は最短2年となります

入学年次 出願資格

【現行カリキュラム】
4年次編入学

4年制(または6年制)大学卒業
短期大学(3年制)卒業
専門学校(専修学校専門課程)(修業年限3年以上)修了 ※1
4年制(または6年制)大学に3年以上在学し、92単位以上修得済み
高等学校等の専攻科(修業年限3年以上)修了 ※2
  • ※1 修業年限3年以上、総授業時間数2,550時間以上の要件を満たしている専修学校専門課程
  • ※2 修業年限3年以上、総単位数93単位以上で、その他文部科学大臣の定める基準を満たす教育課程

Check2

社会福祉士の国家試験受験予定者を対象とする受験対策講座も充実

社会福祉士国家試験合格率

新卒受験者50名以上の大学では、全国大学通信教育課程で第1位。
そこから更に、合格に近づける対策講座を開講。

対策講座受講者合格率(新卒):65.9%

  • 【参考】
  • 全体合格率(新卒):57.2%
  • 全国平均合格率:29.3%

卒業生の声

星野 真由さん

三重県在住
私立病院 看護部中央手術室勤務
星野 真由さん

学士を取得し看護師としてキャリアアップ

現在の職場には大学を卒業している同僚がたくさんいて、将来的に自分が指導をする立場になった時、自信を持って仕事に当たれるよう進学を決意しました。
日本福祉大学を選んだ理由は3年制の専門学校を卒業していると4年次編入学が可能なこと、そして、看護師の資格により単位が認定されるため、入学後の学習負担が少なく、1年間で学士取得できるのに魅力を感じました。また、合同説明会に参加して他大学の話も聞きましたが、教育内容、学習システム、学費など、総合的に考えても一番だと感じて、入学を決めました。

丹羽 佐紀子さん

愛知県在住
社会福祉協議会 職員
丹羽 佐紀子さん

社会福祉士実習免除のメリットを生かし子育てや仕事と両立で資格を取得

学びという意味では実習を経験した方がいいと思いますが、子どもがまだ小さく、何日も預けることが難しかったので、やはり実習免除制度はありがたかったですね。時間、費用面もそうですが、早くから試験へ目を向けて集中できたこと、生活リズムを崩さず、子どもに影響を及ぼさなかったことは大きなメリットでした。
実習がネックになっている人で、可能性がある方は調べてみることをお勧めします。

関連情報

願書・資料請求

願書・資料請求

『出願手続要項』やパンフレットなど、入学に関する詳しい資料請求は、こちらからお申し込みください。

資料請求する願書・資料請求

入学説明会日程

入学説明会日程

日本福祉大学 通信教育部では、全国で説明会を開催しています。

入学説明会日程を確認する入学説明会日程

お問い合わせ

お問い合わせ

日本福祉大学通信教育部へのお問い合わせは、電話、FAX、Eメールにて直接受付させていただきます。

お問い合わせフォームはこちらお問い合わせ

ページの先頭へ

ページの終端です