1. ホーム>
  2. 通信教育部について>
  3. 学長・学部長メッセージ

ここからページの内容です

学長・学部長メッセージ

学長メッセージ

日本福祉大学学長 二木 立

日本福祉大学学長
二木 立

互いに学び合い、支え合う気風を持った福祉の専門職を
さらに輩出し続けるように努めたい

本学通信教育部は、2001年にスタートし、16年目を迎えました。ユニバーサルアクセス時代の通信教育ということで、医療や福祉現場で働く人を中心とした再学習や、福祉専門職へのチャレンジに寄与できるということを重視してきました。

そして、ICTの時代ということをふまえて、ネットを通じて効率よく学べることを重視しました。添削に時間をとるのではなく、ネット上で即時に応答し、自ら学習到達度を確認しつつ、ネット試験ができるようにしました。
同時に、通信教育の弱点であった孤独とモチベーションの低下を防ぐため、全国でスクーリング会場を増やし、地域学習会を組織し、ワークショップ形式の学びを推進しました。オンデマンド教材の充実にも力を注ぎ、学生の学びやすさにこだわっています。

本学は福祉系の通信教育としては、質、量ともに日本のトップランナーであり、毎年多くの方に入学いただいており、在学生は約7,000名にのぼります。
しかも卒業率は通信の全国平均をはるかに上回り、約50%にも上ります。また、多くの方が目標とする社会福祉士等の国家試験合格者数や合格率は全国トップクラスであり、これまで全国一位が続いていた通学部門を上回るまでになりました。

これからの30年を視野に入れると、元気な高齢者が多数働き、介護や後見が必要な人が飛躍的に増える時代です。人生90年、認知症400万人に象徴される時代です。それは、社会福祉をはじめ、広がる「ふくし」を支える専門職の必要度が増すことを示唆しています。

本学通信教育部は、「TEAM、福祉力。」を標榜しています。互いに学び合い、支え合う気風を持った福祉の専門職をさらに輩出し続けるように努めたいと思っています。

学部長メッセージ

福祉経営学部長 綿  祐二 教授

福祉経営学部長
綿 祐二 教授

『人との繋がり』を感じる通信教育:顔の見える関係の大切さ

日々の何気ない日常生活を過ごしている中で「どうして?」「なぜ?」と疑問に思うことがあります。その疑問に対して「知りたい」「調べてみたい」「学びたい」と欲求が湧いてくること、これが学びのスタートの瞬間です。この問題意識こそ、人が生涯学び続ける意義でもあります。問題意識を持って、学習に臨んでほしいと思います。特に通信生は、この強い意思が大切になります。仕事を持ちながら、家庭を守りながら、育児をしながら、介護をしながら…さまざまな環境の中で、学びが進んでいきます。決して、平坦な道のりではないでしょう。もう「諦めようかな」なんて気持ちとの闘いでもあります。そんな時、支えになるのが、『初心(この問題意識や動機)』と『人との繋がり』です。

日本福祉大学福祉経営学部(通信教育)では、2001年開設以来、この『人との繋がり』を大切にシステム構築をしてきました。このユニバーサルアクセス時代に対応した学習、医療や福祉の現場で働く人々を中心とした再学習、社会福祉士及び精神保健福祉士の国家試験受験に寄与できる学習等を可能にするシステム構築を目指して参りました。

インターネットによる在宅学習システムやオンデマンド科目に加え、多くの学友や教員たちと相互交流の場所を提供するさまざまなスクーリング講義、充実した資格取得科目と国家試験対策講座の設定、専門的な学習を包括的に学習する履修証明プログラムなど多様な学習ニーズに応えていく体制があります。これらのシステムの中で学習した結果、8年連続全国大学第1位の社会福祉士国家試験合格者数、6年連続全国大学第1位の精神保健福祉士国家試験合格者数という高い合格者数の実績が残されてきています。これからもデジタル時代にデジタルだけに頼らない「人と人が繋がる」「顔が見える」通信教育を目指していきます。

夢は描くものではありません。叶えるものです。夢を夢で終わらせない。時間をかけて、ゆっくりと知識、技術の涵養を目指してください。夢をかなえる!!そんな気概のある方は、是非、日本福祉大学福祉経営学部(通信教育部)の扉をたたいてみて下さい。

関連情報

願書・資料請求

願書・資料請求

『出願手続要項』やパンフレットなど、入学に関する詳しい資料請求は、こちらからお申し込みください。

テレメールで資料請求する願書・資料請求

入学説明会日程

入学説明会日程

日本福祉大学 通信教育部では、全国で説明会を開催しています。事前予約などは必要ありませんので、お気軽にお越しください。

入学説明会日程を確認する入学説明会日程

お問い合わせ

お問い合わせ

日本福祉大学通信教育部へのお問い合わせは、電話、FAX、Eメールにて直接受付させていただきます。

お問い合わせフォームはこちらお問い合わせ

ページの先頭へ

ページの終端です