修了生の方へ 証明書発行

「保育士資格」または「幼稚園教諭免許状」いずれかをお持ちの先生方へ。

実務経験が3年以上のみなさん、もう一つの免許・資格をインターネント学習で取得しませんか?

2020年度出願を検討されている皆さまへ(保育士を取得する方)

新型コロナウイルス感染拡大の抑止のため、「乳児保育(スクーリング科目)」はご自宅で受講できるように変更する予定です。美浜キャンパスでの開講が中止となり、大変残念ではございますが、状況に鑑み、ご理解いただけますと幸いです。

・「乳児保育」について、ご自宅での学修を希望される方は、出願書類「履修科目登録表」の余白に「乳児保育希望」と書いてください。

なお、引き続きその他オンデマンド科目やテキスト科目は受講できます。多くのご出願をお待ちしています。

今なら少ない負担でもう一つの資格を取得して、「保育教諭」を目指せます。

新たに創設される「認定こども園」に勤務する「保育教諭」は、「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」両方の免許・資格を有することが原則です。そこで、いずれか一方の資格をお持ちで3年かつ4,320時間以上の実務経験を有する方を対象に、少ない学習負担でもうひとつの資格を取得できるよう、特例制度が2024年度までの期間限定で実施されています。
※実務経験の対象施設の詳細はこちらよりご確認ください。

>>特例制度についての詳細はこちら

特例制度では、大学等で最大8単位を修得することで、保育士資格または幼稚園教諭免許状が取得できます。
特例制度は、改正認定こども園法の経過措置期間中のみ。今がチャンスです!
下記①②の両方に該当すれば、現在休職中の方でも特例制度を利用できます。
①幼稚園教諭免許状または保育士資格のいずれかをお持ちの方
②幼稚園教諭または保育士として、3年かつ4,320時間以上の実務経験がある方
 (見込みでも可)

幼保特例制度のご案内は、幼稚園教諭免許を取得し、3年かつ4,320時間以上の実務経験のある方、または、保育士資格を取得し、3年かつ4,320時間以上の実務経験のある方のみへのご案内となります。(実務経験は見込みでも構いませんが、免許・資格取得見込みの方は受講できません。) 受講資格の詳細は募集要項をご覧ください。

過去に実務経験がなく、2022年4月から実務経験の対象施設で勤務を開始した場合は、2024年度末に実務経験要件を満たすこととなります。その場合は、幼稚園教諭免許状もしくは、保育士試験(全科目免除)受験の申請期間までに実務経験要件を満たせない場合がありますので、ご注意ください。

【2020.02.28 入学説明会中止のお知らせ】


2020年度パンフレットのダウンロード

お申し込み用紙ダウンロード

2020年度募集要項のダウンロード

募集要項ダウンロード

受講や添削課題の提出はインターネットで24時間いつでも可能。仕事や子育てとの両立が可能です。
スマートフォンやタブレットPCにも対応。外出先でのちょっとした空き時間も効率良く活用できます。
複雑な操作は必要としないのでパソコン初心者の方でも安心。電話で気軽に相談できる専用窓口も開設しています。
ページトップへ
日本福祉大学